So-net無料ブログ作成

ベトナム訪問記 3 食事編 [Vietnam]

こんばんは、、、わけんデス

山陽・山陰の旅を紹介途中ではありますが、約2年近くご無沙汰しておりました理由・・・それは仕事でベトナム出張を繰り返していたためでございます。足掛け3年にも及んだのですが、ベトナム滞在中は殆ど旅行もせず(だって暑いんです!)、ただ仕事だけの往復をしていた次第です

000.jpg

行先はほぼホーチミン

滞在は短くて1週間、長いと2ヵ月近く、一時期サービスアパートを借りて駐在員のような生活もしておりました

ホーチミンだけで仕事は終わるのかと思いきや、昨年の後半はタイ出張もしばしば。。。お陰で嫌いな飛行機にも慣れ、、、ホントは未だに好きではありませんけどね(-。-)y-゜゜゜だって長時間座席に座っていると、お尻が破壊されそうなのがどうしても我慢できません(+o+)

仕事の内容はご紹介できませんが、ベトナム滞在中「美味しい」「面白い」「役に立つ」ような記事を今後何回かに渡ってご紹介しま~す

今回は「食事編」をお伝え致しますね

ベトナム料理の中で代表格と云ったならば、フォー生春巻きを思い浮かべますでしょうかねぇ

フォー(Pho)とはベトナム北部でよく食べられ、中部ではブン(Bun)、ホーチミンのような南部ではフーティウ(Hu Tieu)が一般的なんです。どれも米粉から作られておりますが、麺を作る工程や太さが変わるんです

さてどう違うかと申しますと、、、大雑把に云ってしまえばフォーは太麺、フーティウは細麺、ブンは米粉を発酵させてから麺にし、麺が丸いのが特徴でしょうかねぇ

汁有り汁無しもあってバラエティは豊富。また日本のラーメンのような小麦粉から作る麺や、春雨麺もあるんですわ

↓フォー(Pho)

001.jpg

↓フーティウ(Hu Tieu)

011.jpg

ブン(Bun)も食べたのですが。。。(実はどの写真がブンなのかわからんのです)

003.jpg

ベトナム料理はパクチーが苦手と仰る方がおられますが、毎日食べていると気にならなくなるんです(不思議)

また野菜類は好みによって入れて食すのがベトナム風。レタス、春菊、ドクダミ、もやし、パクチー等々をちぎって器に入れて食べるんですよ

味はと言いますと薄味ながらもコクがあり、とても美味なのです!

外国人向けレストランだと100,000~150,000VND、ベトナム人向けレストランだと25,000~60,000VND位かな

私が通っていたレストランでは29,000VND。路上の屋台なら20,000VND前後かもしれません

因みにベトナムの通貨はVND(ベトナム・ドン)でUSD(アメリカ・ドル)と連動しているため、日本円(JPN)換算は為替レートによって変わります。2012年に初めてベトナムを訪れた時は1USDが80円前後でしたが、昨年は125円と45円近くも安くなってしまい、海外出張者には大きな痛手でしたよ

2012年に10,000円をベトナム・ドンに両替すると2,600,000VNDでしたが、2015年には10,000円は1,750,000VND。その差は850,000VND!

仮にフォー(Pho)が50,000VNDとしたら2012年は200円。2015年は300円に達する程になってしまったんですわ

3年近く通っていると皆して「あの時(2012年)は良かった・・・」と愚痴ばかり。「あの時にドル預金しておけば」ってのが口癖になっておりやすわ

為替の話をするとため息しか出ないので、美味しいベトナム料理の食事編を続けま~す

そしてこちらは汁無し、、、多分ミー(My)と思います(小麦粉から作られている麺)

002.jpg

現地のベトナム人スタッフと一緒に食し、最後はスープを麺に掛けようとしたら「それはダメです」みたいな事を言われ、諦めましたが多分マナー違反と云うか、自宅では良しとしてもレストランではNGなのかもしれませんね。日本人だと御飯に味噌汁を掛けて食べる行為(自宅でしか行わない食べ方)なのかも

そしてこちらはランチ

008.jpg

日本でいう定食になります。御飯に料理1品、スープが基本で、少し値が高いと料理が2品となったりします。料理は大概、メニューの中に豚肉(ヘォ:Heo)、牛肉(ボー:Bo)、鶏肉(ガー:Ga)と書いてあり、この3つのベトナム語を覚えておけば英語が通じなくともバッチリかな

010.jpg

こちらはランチプレートだったような

009.jpg

こちらも定食。スープは紫芋なので紫色!日本には無い色のスープなので抵抗がありましたわ

お米は長粒米(ちょうりゅうまい)、インディカ米が品種名。お米の世界では世界で80%を締め、日本(東アジア)のお米はジャポニカ米と呼ばれますが、世界だと10%程度なんですよ

インディカ米は独特な香りがあるため、日本人だとちょっと抵抗があるかもしれませんね。しかし、ベトナム料理となるとインディカ米はかなりいけちゃうんですわ。。。不思議ですよね。御飯を提供する食堂?レストランには必ずコム(Com)と大きく書いてあり、お客さんが多い店が一番美味しいですね

どんなベトナム料理を頼んでも必ずつくのがベトナム醤油(ニュクマム)。ベトナムの方々はニュクマムに唐辛子(鷹の爪)を入れ、チョビチョビつけながら食べるのですが、私は辛いのが苦手なので必ず唐辛子をよけて食べておりましたわ

004.jpg

ベトナム女性は飲み物をストローで飲みますよ

007.jpg

006.jpg

上の3枚は皆で一緒に食べる料理になりやす。蟹はベトナムの方々も大好きです

ベトナムは長い間、フランス領であったためフランスパンのサンドウィッチ、パインミー(Banh Mi)はかなり美味。何度食べても飽きず、私の朝食はほぼパインミーでした。露店だと12,000VND(60~70円)で食べられます

ベトナムと云ったらベトナム珈琲。とても濃くてブラックで飲むとニガニガ~。日本では普段ブラック珈琲(アメリカン)をよく飲むのですが、ベトナム滞在中は練乳入りアイスコーヒー(カフェスダ:Ca Phe Sur Da)。超甘いのですがついつい飲んでしまうんです。因みにですがベトナム語でカフェスダのCa PheとはCafe、Surとはミルク(練乳)、Daとは氷の意味で、ミルク無アイスコーヒーを注文する時はCa Phe Daと注文します。持ち帰りをする時はマンゥェイ(Mang Ve)で通じますが、ホーチミン都市部なら(Take a Way)で問題ありません

005.jpg

012.jpg

食レポは殆どしないので料理の写真は極端に少なく、お伝えしきれず申し訳ありませんm(_ _)m

東南アジアで中華系料理を除くとベトナム料理は日本人の舌に合うんです。味の素をいっぱい使っているからかもしれませんけどね。ベトナムは外食率が非常に高いため、どこもかしこも食堂?レストラン?がいっぱい。路面店も多いのですが、衛生面が低い(食へ終えた食器を洗うバケツを見たら怖くて食べられません)ため、こちらは避けた方が良いかもしれません

今後、続くかわかりませんが、時々ベトナム生活もお伝えしますのでお楽しみに

いや~、、、ブログに食事を紹介するのって難しい。。。


nice!(20)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 3

kuwachan

ベトナムはまだ行ったことがないんですよ。
お料理、お野菜がたっぷりで美味しそうです!
気になるのがフランスパン。やはり噂通り美味しいのですね。
by kuwachan (2016-02-06 11:35) 

わけん

kuwachanさん
料理は美味しいですよ!
最初は食べて大丈夫かと思いますが、その気持ちが抜けると
何でも食べられる事ができちゃいます。
パンはホント美味しかったです
by わけん (2016-02-07 09:42) 

Discount cialis

沒有醫生的處方
walgreens price for cialis http://cialisyoues.com/ Cialis online
by Discount cialis (2018-04-14 07:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0