So-net無料ブログ作成

舟屋の町 伊根 [京都]

【2016年11月18日(金)】  超日帰りドライブ 1 舟屋の町 伊根

振替休みを利用し11月17日(木)の夕方に自宅を出発し一路西へ

行き先は京都府の丹後半島。
今回もハードな超日帰り旅(出発から帰宅まで丸1日を要する旅)
何処へ行こうか考えに考え、目的地は当日に決めちゃいました(いつもこんな感じです)

1611180101.jpg

高速道路へのアプローチは箱根越えを選択。
秦野中井インターから東名高速へ入るのが時間的に早いと思うのですが、出発したのが帰宅ラッシュ時間と重なり、インターまで時間が要しそうなので箱根を越えて沼津から高速に入る。
西湘バイパス~箱根新道~国道1号~伊豆縦貫道を経て沼津インターへ

自宅から1時間ちょっとで沼津まで来れたから、御殿場回りの東名利用とほぼ同じかな

箱根新道と国道1号では大型車も多く、減速しがちですが信号が少ないので停止するような渋滞はありません。
しかし箱根湯本駅前を通る国道1号は特に土休日は渋滞が日常化しているのでご注意を!

沼津からは新東名と東名の2コースを選択できるのですが、私的には古い東名高速が好き。
走り易さは新東名ですが、途中のPAやSAは東名の方が多く、好きなところで休憩できるのが助かるんです。
また、走る上で景色(夜景)やアップダウンによる運転を飽きさせない所が良いのかもしれませんね

今回のドライブで初めて経験した事がETCのトラブル

ETCレーンの入口ゲートを通過した際 ピーー カードが読めません と音声ガイドが流れる

えっ? 今のは何? 普通にゲートを通過した後に車載器から発した音声は初めて聞きました

時々、ETCカードを挿入し忘れ ピー カードが挿入されていません は1、2回経験済みでしたが、
ゲート通過後は初体験

ETC車載器のカードを出し入れし ポーン ETCカードが挿入されました と通常な状態になり一安心。
これで大丈夫だろうと思い込み、そのまま走行を続ける

東名高速⇒北陸道⇒若狭道を通ります。
途中、美合PAと賤ヶ岳SAで食事&休憩を取る。
事前に調べたら秦野中井IC~与謝天橋立IC間は512kmと無給油で走れる距離なので気にもせず走行。
すると小浜IC手前辺りで給油警告灯表示がされ、ナビには残り90km以上を表示されている。。。

1611180001.jpg

満タンにして600kmは走るのに何で?

スズキ車の燃料警告灯は残り4リットルとなった所で表示されるから、4L×20km/Lだから走れる距離は80km!
これでは燃料が足りない!

最後に給油したのは16日の水曜日。出発した17日は日用品の買い物や病院へも行き、山坂道の箱根越えをした分が計算外だったみたいデス。。。致し方無いと判断し舞鶴東インターで降りる

ETCゲートを通過しようとしたらゲートバーが開かない!

1611180003s.jpg 1611180004s.jpg

※上記画像はETC総合情報ポータルサイトHPより

こんなこと初めて。
交通量が多い都心ならば後続車に追突されたかもしれません

係員に誘導され一旦ゲート外へ移動し、ETCカードを差し出して対応していただく。
入口通過記録が無いとの事。
やはり入った時のエラーは通過記録がされなかったと判明。
係員曰く、再度同じような事が発生したら入口ゲート通過後に停車(安全な場所があったならば)させ、係員対応してもらうか、出るインターでゲート通過手前で停車させ係員対応して貰うようにすれば良いとの事。
この時にナンバーとETCカード記録を控えられるとの事だから嘘の申告は後で追及されるみたいです。
東名沼津インターを18時過ぎに入った事を告げると何やら操作し、通行料金領収書を手渡さて無罪放免。
午前0時を超えて与謝天橋立IC到着に合わせていた為、舞鶴東ICでは通常料金を請求されてしまった、、、悲しい。

このような失敗は行きだけにして欲しいが、ETCトラブルは勉強になったので授業料だと思えば良いのかな

嫌な事は忘れ再スタート。
インターを出て接続する道路を左折した所でスマホを使い、舞鶴市内で24時間営業しているガソリンスタンドを検索。
すると、、、コンコンとドアを叩かれる。
驚いて振り向くと外に警察官が立っていた。事情(給油警告灯が出たのとETCトラブルに遭った事を告げる)を話すと免許証を拝見と言われ、俗に言う職務質問と思われる。
平日の夜中に地方ナンバーの車が停車していれば「何をしているの?」と思いますわな

警察24時みたいな番組を見過ぎているので車内捜索もされるのかと思いきや「そうですか」と免許証をチラっと見て職務質問は、あっけなく終了。
つい「テレビではもっと執拗に質問しているけど・・・」と聞いたら、ベテラン風な警察官から『運転手さんは大丈夫ですよ』と返された。何が大丈夫なのか分からんけど、24時間営業のスタンドを教えて貰うのと、道が暗くカーブも多いので安全運転をと言われ2度目の無罪放免!

1611180002.jpg

無時給油を済ませ宮津市内へと向う道はカーブが多く、道が非常に暗く運転に気を使う

すると茂みで何かが動いたかと思ったら、鹿が道路に出てきて仁王立ち。
思わず急ブレーキ!
勘弁してよ~と声を出したのを聞いたか、私の心とは裏腹に何も無かったかのような足取りで歩きだす

今日は何なんだ?

こちらも声を出してしまいましたが、大きく深呼吸をして再々スタート

今夜の寝床予定は道の駅「舟屋の里 伊根」
走るにつれ経ヶ岬と書かれた青看板が目に入り、10数kmなら宿営地はそっちでも良いかなと決め近畿地方最北端の経ヶ岬を目指す

経ヶ岬展望駐車場なる場所に駐車させ仮眠。
翌朝、完全に寝坊をしてしまい日の出時間ちょい手前に起床。
給油警告、ETC、職務質問、鹿、そして寝坊。。。一夜でこんなに色んな事が起きるとは・・・

06:30 経ヶ岬 (きょうがみさき)
京都府京丹後市丹後町袖志
展望駐車場はバス停も兼ね、30台近く駐車可能。トイレ、自販機あり

灯台まで片道15分近く山道を登らなければならないとの事で、目的を日の出にと待ち続けても太陽が見えない。
手前の山が遮っているみたいで、ここにても仕方なく車を走らせる

1611180102s.jpg 1611180103s.jpg

5分程京都方面へ戻った所で撮影。
日の出、、、いや、天照さまに向い「今日1日が良い日でありますように」と願いに力をこめて祈るのでした

1611180104.jpg

1611180003.jpg

伊根は30年近く前に訪れた事があり今回が2度目

伊根は舟屋と呼ばれる独特な家屋が建ち並んでいて、1階が舟を入れる場所として海に面し、住居は2階で玄関は山側を向いているのが特徴。また、舟屋は重要伝統的建造物群保存地区にも指定され、現在でも約200軒が残っている

30年前に訪れたきっかけは、映画「男はつらいよ第29作 寅次郎あじさいの恋」。
私が好きな作品の1つで、京の葵祭りで鼻緒を切らした老人と出会うところからドラマが始まる。
老人は美術界の人間国宝"加納作次郎"扮する13代目 片岡仁左衛門さんで、寅さんは素性を知らず宴会でバカ騒ぎをし記憶も無く翌朝が訪れ、宿屋の女中だと思ったマドンナ役の"いしだあゆみ"さんが扮する"かがり"に恋をする(正式には"かがり"寅さんに猛アタックする位に恋をしてしまう)。
加納とかがりが口論となって実家に帰ってしまうのだが、寅さんは加納に頼まれ、かがりの実家にやって来るのだが、その実家が伊根の舟屋。
夕陽の中を舟が横切り、寅さんとかがりが眺めているシーンは焼きついている。
ここって何処なんだろうと思いながらも当時はインターネットすら知らず、調べる事も出来なかったが、その後たまたま見たNHKの旅番組(だったような・・・)で紹介され、初めて伊根町を知り、たまらず行ってみたくなったのが約30年前だったんです

だから伊根町は思い出の町。
あの時は映画のシーンを思い出し、ここかな?あそこかな?とスクリーンに映された場所を探し回りましたが、今回はそんな悠長な時間は無いので車で町の中を移動し、撮影できるポイントを選んではパチリ、パチリと撮っておしまい

舟屋は下の地図で入江となっている全てに家が建ち並んでいるんです。
海に面した場所は舟屋が密集し、海側から撮影できるポイントは数少ない。
唯一出来るとしたら、それは漁港の桟橋からとなります

1611180006.jpg

↓ いづれの写真も上の地図で伊根小学校付近で撮影。
亀島の陰で陽が差しこまなかった舟屋に段々と朝日が入り込んで行きます

1611180105.jpg

1611180106.jpg

1611180109.jpg

1611180108.jpg

1611180107.jpg

1611180113.jpg

ガレージ付住居なのですが、伊根町の観光協会HPでは「日本一海に近い暮らし」がキャッチコピー。
確かに近い。台風が来たらどうするのかと心配してしまいます

山側の道を行くと町並みはこんな感じで、何軒かは舟のガレージ越しに海がのぞけます

1611180110.jpg

1611180111.jpg

滞在は20分ちょっとでしたが、伊根の町並みを堪能し宮津方面へと夜に走った道を戻ります

1611180114.jpg

宮津、天橋立付近を旅され神社仏閣好きな方なら次に向う地は簡単に予想できるでしょうね(笑)


nice!(40)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 40

コメント 10

けせらんぱさらん

伊根町の舟屋 確かに台風の時 どうなるのでしょう?
そして引き潮や満ち潮は ???

それにしても ホントに超ハードな日帰り旅ですね!
by けせらんぱさらん (2016-11-20 11:46) 

わけん

けせらんぱせらんさん
そうなんです。
大潮の日も含め気になります。
運転が好きなんで疲れは殆ど感じないんですよ。
お出掛けは運転も訪れる旅先も全て楽しんじゃうんです。
by わけん (2016-11-20 15:30) 

濱の寅次郎

寅はその先の城崎温泉に3年連続に夏休みに行ってました。勿論、車で夜出て京都、丹波を抜けて宮津まで高速、宮津で仮眠を取って天橋立、伊根の舟屋など行くたびに寄っていました。文殊さまですね!!
by 濱の寅次郎 (2016-11-20 16:17) 

わけん

濱の寅次郎さん
城崎温泉に3年もですか?
宮津までは京都経由なんですね。
文殊堂は2014年に立寄り、ビューランドから天橋立を眺めました。
by わけん (2016-11-20 16:33) 

濱の寅次郎

以前、寅はその先の城崎温泉に3年連続に夏休みで行っていますが日帰りで行く所じゃないですよ。寅の場合は横浜から京都、丹波を抜けて宮津まで高速降りて仮眠してから天橋立、伊根へ丹後半島めぐり城崎に向かいます。
ところで次は文殊様ですね。天橋立を歩いてその後、リフトに乗って股覗きですか?

by 濱の寅次郎 (2016-11-20 16:44) 

わけん

濱の寅次郎さん
私も仮眠をしていますから正確には日帰りと呼べませんが、宿泊地を利用しない旅を超日帰り旅と勝手に命名しておりまする。
2014年に松江や鳥取を旅し、出石で蕎麦を食べた後に天橋立や文殊堂に立寄っています。今回はそちらには立寄りませんでした。
by わけん (2016-11-20 16:59) 

kuwachan

朝日が差し込んだ伊根の海の風景が素晴らしいです!
夜通し走ってきた甲斐がありましたね(^_-)-☆
警察官にコンコンとされると悪いことをしていなくてもドキッとしませんか?
以前夜に伊豆に行った時に沼津インターを下りたところで停められて
あたふたしちゃったことがあります(^^ゞまだ若かったからかも(笑)
by kuwachan (2016-11-20 23:50) 

yamatonosuke

奈良に住んでいてもこの辺りまでは遠くてなかなか行けません。もう少しすると北陸道も伊吹山付近からチェーン規制入るので行くのは今しかないですね。のんびりと舟屋を眺めたい〜
by yamatonosuke (2016-11-21 01:10) 

わけん

kuwachanさん
寝坊してしまいましたが仮眠は致しました。
そうですよね、悪い事をしていなくても警察官に突然窓ガラスをコンコンと叩かれれば誰もが驚きますよね。
でもその行動が普通なのかもしれませんね。
段々と朝日を浴び始める船屋は綺麗でした。
by わけん (2016-11-21 07:37) 

わけん

yamatonosukeさん
奈良からだと京都経由で丹後に入るコースとなるんですかね。
高速道路でのチェーン規制ってネーミングが不明確だなとよく思います。
チェーンをしなきゃいけないのか、冬用タイヤ装着で良いのかいつもどっちなんだろうと迷います。
12月に入ると雪も舞い始めるので、これからの季節は出掛けられる範囲が限られちゃいますね。
by わけん (2016-11-21 07:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0