So-net無料ブログ作成
神奈川 ブログトップ
前の5件 | -

【平塚】 七夕まつり [神奈川]

先週は木曜と金曜日で関西方面へ出張しておりました

120705001kansai.jpg

神戸までは行かなかったのですが、西宮と大阪、京都の三都物語じゃないけれど、巡視が目的の出張

120705002kansai.jpg

週末は休んで京都観光でも・・・と考えていたのですが、土曜日はあいにく用事があって1泊2日の関西出張

ここまでは写真を撮ったりして出張での観光気分だったのですが、同行した部下と現地のスタッフによる綿密な行程表をこなすため、写真はもとより観光も全く無しで出張を終えてしまいましたわ

帰りは京都駅20時49分発で小田原駅に停車する最終のひかり号、この時間になるまでスケジュールを組まなくてもいいのに・・・なんて愚痴を言っても仕方ありませんね

仕事しているからお出掛けも出来るのですから。。。しかし京都へ行っていながら写真も観光も無し・・・悲しい

雨男の栄冠と称号を持つ、わたくしは見事2日間は雨にお見舞いされておりましたわ(笑)

さてさて

我が町では昨日の金曜日から明日の3日間は、七夕まつりが催されています

090704001tanabata.jpg

今夜は雨であるのと節電によってライトアップは短縮処置がとられているため、過去の写真で紹介いたしますね

七夕と言えば東北仙台の七夕まつりが有名ですが、関東では平塚の七夕まつりは仙台に負けない(負けていますけどね)ぐらいの賑わいを見せています

写真は2009年のもの

090704002tanabata.jpg

梅雨の時期の七夕なので毎年雨の七夕になっておりやす

090704003tanabata.jpg

竹飾りを観るのが目的だと思われるかも知れませんが、平塚の七夕まつりは「夜店フェスティバル」とも秘かに呼ばれ、竹飾りのメイン通りから1本路地に入ると、数百店もの夜店が出店し、これまた賑わいがあるんです

あるビルから夜店のストリートを撮ってみるとこんな感じ

090704004tanabata.jpg

昔は寅さんみたいな啖呵で客を引き付ける夜店もありましたが、今ではどこも同じようなお店が多いみたいです

090704005tanabata.jpg

夜店は子供達の天国で、金魚すくいなんてこんな感じですわ

ある広場では一般の方が、願いを込めて短冊に書き吊るされているのですが、中にはこんなのも・・・

090704006tanabata.jpg

かなり現実っぽい願い事もあったり

なんか怖い。。。

明日も予報は傘マークがある神奈川県ですが、織姫と彦星は天の川で出会えたのかな


nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

花菜ガーデン [神奈川]

【5月26日 土曜日】 午前11時20分

私が住む神奈川県の平塚で2年前に開園した『花菜(かな)ガーデン』

120526001 kana garden.jpg

2010(平成22年)年3月1日に開園し、今年で満2年。。。やっと3年目を迎えました

ここは元「神奈川県農業総合研究所」という施設から、神奈川県が「花と緑のふれあいセンター」として特定事業が計画されたのは2005(平成17年)年、約5年を掛けて建設されました

神奈川県平塚市は戦前に軍需工場が市内中心部あり、払い下げ後は工業地としたり学校や運動公園になり、競技場や野球場がある平塚市総合運動公園(約30,000㎡)は、旧農林水産省の果樹試験場跡地で、子供の時に役割を終えた後の試験場跡地内を「探検」と称し今で言う「不法侵入」をし、入った場所を見失って迷子となり、施設の方に説教を受けて正門から出して貰った記憶がありましたわ

農業試験場と称する施設は少なくなりましたが、今でも幾つか残っている平塚市で、ここ「花菜ガーデン」のように花と緑に触れ合える施設に生まれ変わったのは町としての誇りかもしれませんね

「花菜ガーデン」は開園当初に訪れ、その時はまだまだという感じでしたが、2年経ってやっと施設らしくなったんじゃないかな~

120526002 kana garden.jpg

2周年の時に訪れた際、年間パスポート(2000円)を購入し、鎌倉等のバラを観たもんだから、花菜ガーデンはどうだろう・・・てな気持ちで訪れてみました

年間パスポートなので入園料は無料(当日入園料は500円)、駐車場も無料(1日500円)。しかしこの日は訪れる方が多く(年々増えているような)、駐車場は満車状態で、空き待ちの列が長くなっておりましたわ

さてさて、前置きはこれくらいにして園内を歩いてみまーす

120526003 kana garden.jpg

園内は日陰が少ないので、これからの季節は帽子か日傘必要になりますよ~

120526004 kana garden.jpg

そしてこの時期はどなたさまのブログでも紹介されているバラが人を呼んでいます

120526008 kana garden.jpg

120526101 kana garden.jpg 120526102 kana garden.jpg 120526103 kana garden.jpg 120526104 kana garden.jpg

鼻を近付けるとほんとに良い香りが・・・

120526014 kana garden.jpg

昨日と違って晴天で日差しが強いのですが、湿度が低いので爽やかな初夏って感じでした

120526105 kana garden.jpg 120526106 kana garden.jpg 120526107 kana garden.jpg 120526108 kana garden.jpg

120526007 kana garden.jpg

120526011 kana garden.jpg

バラ以外でも綺麗で可憐な花が咲いていました

120526005 kana garden.jpg

120526201 kana garden.jpg 120526202 kana garden.jpg 120526204 kana garden.jpg 120526203 kana garden.jpg

120526013 kana garden.jpg

こちらは「なでしこ」で、別の種では「常夏」と称するものもあり、この花が咲けば夏はもうすぐです

平塚では「撫子」と名が付く町名がありまする

120526012 kana garden.jpg

120526205 kana garden.jpg 120526206 kana garden.jpg 120526207 kana garden.jpg 120526208 kana garden.jpg

120526010 kana garden.jpg

花以外でも時期は過ぎ、実になり始めた果実も

120526015 kana garden.jpg

ぶどう に なし

120526016 kana garden.jpg

強い太陽ビームによって途中パテてしまいましたが、2日続けて花が観るなんて

ほんとに贅沢の極みですね

120526006 kana garden.jpg

120526009 kana garden.jpg

ちょびっとだけ日焼けし花を楽しんだとさ

120526017 kana garden.jpg

チューリップの時期を外してしまいましたが、次は夏の花を求めて来てみようと思いまする

ちょびっと「おらが街自慢」をしてみちゃいました(笑)


nice!(27)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

俺たちの朝 と 江ノ電 [神奈川]

【5月25日 金曜日】 午後3時45分~

江ノ電の由比ヶ浜駅で線路を歩く姿を観ていて・・・そうだ[ひらめき]と閃く

1205250516 enoden.jpg

観たのは夕方の再放送でありましたが、日本テレビ系で放送していた『俺たちの朝』というドラマ

勝野洋(オッス)さん、小倉一郎(チュー)さん、長谷直美(カーコ)さんの3人が主人公の青春ドラマ

「俺たちシリーズ」は中村雅俊さんの『俺たちの旅』が有名ですが、「俺たちの勲章」「俺たちの祭」とかタイトル名のシリーズが何本が放送され、江ノ電といえば『俺たちの朝』

個人的には「俺たちは天使だ」が一番好きなんですけどね

江ノ電が走るシーンが多く、なんともローカル的な舞台設定で極楽寺駅から稲村ケ崎駅周辺が良く出ていたような

ということで稲村ケ崎駅に下車

1205250501 enoden.jpg

駅を降り、こっちかな?あっちかな?と迷いながら江ノ電が来るのを待つ

1205250505 enoden.jpg

動く電車はあまり撮ることがないので全く自信なし

踏切が鳴りだし電車が来る

1205250502 enoden.jpg

うーん。。。どうなんだろう

1205250506 enoden.jpg

ここじゃないような・・・

電車に揺られて来る途中でここかな?と思う場所があったので、稲村ケ崎駅へ戻り極楽寺駅の方へ歩く

すると

1205250509 enoden.jpg

これた確か、、、「犬釘」

NHKの「ブラタモリ」で放送していたのを思い出す

1205250510 enoden.jpg

ローカル線ではまだ現役のレールと枕木を止める釘が「犬釘」って言うんだそうです

おっ、、、

ここがそうかも!

1205250508 enoden.jpg

1205250507 enoden.jpg

ここだ、ここだ[晴れ]

こんなような場所だった

放送は30数年前だから、記憶だけが頼り

それでもテレビドラマ「俺たちの朝」の舞台となった場所に来れて満足、満足(笑)

それにしても動く電車を撮影したのって・・・中学生以来かも

よく駅でカメラを持った方を見掛けますが、電車を撮るのって難しいんすね

江ノ電ついでってことで極楽寺駅まで行き、途中の腰越駅で途中下車

1205250511 enoden.jpg

ここから江ノ島駅までは道路を電車が走ります

1205250513 enoden.jpg

1205250512 enoden.jpg

うーん、、、なんかボケている

何本か江ノ電の電車を撮っていて、上の写真の電車が一番古いみたい

江ノ島駅でこの電車が来るまで待って乗ってみる

1205250517 enoden.jpg

ほー、いまどき床が木って珍しい

神奈川県内で木の床の電車が走っている路線って少なくなってしまったんじゃないかな?

藤沢駅に到着した際にパチリ

1205250518 enoden.jpg

1日に何往復も鎌倉と藤沢の間を走っているのですね

時刻は午後6時前、2時間近くも江ノ電沿線と電車に揺られていたみたい

1205110901 enoden.jpg

こちらは前回、5月12日に鎌倉を訪れた際に乗った江ノ電の車窓

さぁ、今度はほんとに帰ろうっと


nice!(16)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鎌倉16 鎌倉文学館 [神奈川]

【5月25日 金曜日】 午後2時15分

長谷寺より数分の所でカフェを見付け、珈琲を飲んだ後に「鎌倉文学館」へ

1205250401 bungakukan.jpg

なんか鬱蒼としたアプローチは由緒ある邸宅だったのかな?て思いながらトコトコ歩くと受付

1205250402 bungakukan.jpg

こちらにバラ園があると知って立ち寄ったんですが、入るのは初めて。観覧料400円(展示品によって300~400円と設定されているそうです)を支払って敷地内へ

1205250403 bungakukan.jpg

本来は受付手前が正式らしい門があったのですが、一般のお客さんはこちらの小さなトンネルを抜ける

1205250404 bungakukan.jpg

洋館内は靴を脱いで上がり、銭湯のような下駄箱に靴を入れると展示品を観ることが出来る

中でも逗子で3年近く療養していた「泉鏡花」の直筆原稿が展示されていて感動しちゃいましたわ!泉鏡花の記念館が生誕の地である金沢市にあると聞き、原稿や愛用品は金沢へ行かなければ観れないのかな・・・と思っていたんですが、ここ鎌倉で目にするとは嬉しかったですわ~確か今でも本棚を探せば『高野聖』があるはずです

他にも川端康成、夏目漱石、芥川龍之介、有島武郎、大佛次郎といった文学人の原稿や愛用品が展示されていて、興味ある私はたっぷり観賞させていただきましたよ~

洋館は昭和11年に再建された洋館で、持主は加賀百万石の前田家の16代当主が鎌倉に別邸として建てられたのが最初で、戦後はデンマーク公使の別荘として使われたり、佐藤栄作首相の別荘を経て前田家に戻され、1985年(昭和60年)に鎌倉市へ寄贈されたそうな

また三島由紀夫の「春の雪」ではこの洋館を題材にしているとか・・・うーむ読んでみよっと

テラスにベンチが置かれているのですが、ご婦人方によって占拠されベチャクチャと会話をされている。。。会話の内容は文学で無かったのは確かです

そしてお目当ての庭園へ

1205250405 bungakukan.jpg

庭園の南端にバラ園があり、一番南端(一番下の方)から洋館を見上げた場所からパチリ

そこに小さなU字溝があり、なんでこんなところにU字溝?ベンチにしては小さすぎる、、、と思っていたら「なるほど~」と納得

ここに昇るとバラ園越しに洋館の写真が撮れるって寸法なのですね(笑)

納得してからゆるりと薔薇を観賞。。。

1205250406 bungakukan.jpg 1205250407 bungakukan.jpg 1205250408 bungakukan.jpg 1205250409 bungakukan.jpg

1205250410 bungakukan.jpg

1205250411 bungakukan.jpg

1205250412 bungakukan.jpg 1205250413 bungakukan.jpg 1205250414 bungakukan.jpg 1205250415 bungakukan.jpg

名前をチェックせず、ただ撮り続けていたもんで何が何だかわからなくなっちゃいましたよ。。。トホホ

素晴らしいネーミングで、覚えている範囲として「恋心」とか「希望」、「光星」「ラブ」「フォーユー」「なんちゃらウォルター」。。。まともに花を撮ったのは初めてと言って過言でなく、撮り方とか勉強しなくちゃいかん

1205250416 bungakukan.jpg

おっ!この大きなバラならわかりますよ~「ジャノメコウモリ」ですな(笑)

雨が降ったり止んだりの天気なため、時々こうして大きなバラが咲き誇ってました。

洋館の近くでは苔が生した場所があってとても綺麗デス

1205250417 bungakukan.jpg

1205250418 bungakukan.jpg

カメラはニコンD5100、コンデジはSONYサイバーショットの両刀使い

いつも2つを所持し、音を立てたくない時は、、、とか、一瞬の出来事を撮る時は・・・とか、時間がある時はゆっくり、、、と用途や場所を選んで撮るのでありやす

一眼レフはいつも片手で持ち歩き、コンデジはネックストラップで首から吊るしておりやす。。。なんてったってコンデジを落下させて壊した回数が計5回もあるので学習しました~

ほえ?普通は一眼レフを首から掛けるって?まっ普通じゃないってことで(笑)

どこかでこのようなあべこべのカメラ所持をしているオッサンを見掛けましたら、あいつ・・・わけん?とお思いになって結構ですよ~

鎌倉の寺社+洋館めぐりはここまで

帰りは鎌倉銘菓を買って帰ったとさ

1205250421 hato sable.jpg

追伸:缶入りは高いので箱入りを購入。。。微かに財布にやさしい


nice!(14)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鎌倉15 長谷寺 [神奈川]

【5月25日 金曜日】 午後0時15分

※本内容は先週の5月25日に出掛けた鎌倉でありまする

それと

※本日の更新からワイド版のテンプレートに変更したのに伴い、アップする写真も少し大きくしてみました~

光則寺から長谷寺へ向かう途中で「うなぎ」の看板に涎が・・・

今日は給料日だし、、、ってことで

食べちゃいました(笑)

1205250312 hasedera.jpg

長谷寺参道にあった「浅羽屋」さんで、うな重を食す。。。最近高くなったけれど、美味しいものは美味しい!

お重の角にうなぎが無いのが財布にちょびっとやさしい部分とお考えください(笑)

ささ、長谷寺へ向かいましょう

【海光山慈照院長谷寺 (浄土宗)】 拝観(入山)料:300円

1205250301 hasedera.jpg

こちらのお寺は鎌倉で人気上位に入る『長谷寺(はせでら)』で、奈良の長谷寺と同じ読み名。開祖は道明上人の弟子であった徳道で、道明上人が二体の「十一面観音」を作り、ひとつが奈良の長谷寺で、もう一体は海を渡り鎌倉近くに流れ着き、安置したのが鎌倉の長谷寺だとか・・・あくまでも伝えですけどね

本尊がある観音堂には金色に輝く『木像十一面観世音菩薩像』が地上約9mで圧倒されます

1205250302 hasedera.jpg

こちらが観音堂でやんす

その右隣には「阿弥陀堂」、左隣には「経堂」がありやす

1205250303 hasedera.jpg

こちらが「経堂」で中には、経典が入った回転式書架があり、これを回すことでお経を唱え読んだことになるんですって

1205250304 hasedera.jpg

毎月18日のみ回すことが出来るのですが、私は2009年に訪れた際、たまたま18日であったことで回すことが出来たのですが、この日は25日とあって頑丈な木止めで動かないようになっていましたわ

見晴らし台からは材木座海岸が一望、、、と言いたいのですが空は厚い雲

1205250305 hasedera.jpg

それじゃとまた境内に戻って散策

1205250306 hasedera.jpg

卍の字をした「卍池」

1205250308 hasedera.jpg

あまりにも幸せなお顔をされた「良縁地蔵」

1205250310 hasedera.jpg

この鳥居から岩窟内に入ると弁財天が祀られている「弁天窟」

前回の2009年4月に訪れた際は、境内で牡丹が観れたのですが、もう花の時期は過ぎ、境内は次のアジサイがお待ちのようでありました

因みにですが、この日の天気予報は「曇り/ときどき雨」だったのですが、ときどき雨にはまり1時間以上も境内で過ごさせていただきましたわ


タグ:長谷
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - 神奈川 ブログトップ