So-net無料ブログ作成
検索選択

【岐阜】 飛騨古川 [中部]

【2012年8月25日】

新穂高ロープウェイがある奥飛騨温泉郷より国道471号線で飛騨古川へ

普通なら飛騨高山に行くのでしょうが、観光地としては高山よりも脚光を浴びていない「飛騨古川」を訪問地としてチョイスし、約1時間弱で古川がある飛騨市に到着

午後2時40分

旧古川町があった飛騨市役所に車を停め、町並みを散策開始!

ここを訪問地にしたのは、岐阜のガイドブックに小さく記事になっていたのを発見したのと、NHKさんの「家族に・・・」の番組を観て行きたい気持ちが増したのが理由

まずは「まつり会館」へ

1208250201 hidafurukawa.jpg

入場料は大人800円と、ちょい高めではありますが見応えアリです

1208250202 hidafurukawa.jpg

高山祭と同じく櫓の上でからくり人形が祭りで披露されるそうな

1208250203 hidafurukawa.jpg 1208250204 hidafurukawa.jpg

胸がバカーンと開いてお面を被る仕組みになっていました

1208250205 hidafurukawa.jpg

紐を引っ張ってからくり人形を操作できる。。。私もちょびっと触らせて貰いましたわ

1208250206 hidafurukawa.jpg

館内には3Dでお祭りを紹介するミニ映画の上映もありまする

1208250207 hidafurukawa.jpg

そしてこちらは毎年4月に行われる「古川まつり」で使用される『起し太鼓』

1208250208 hidafurukawa.jpg 1208250209 hidafurukawa.jpg

1208250210 hidafurukawa.jpg 1208250211 hidafurukawa.jpg

※上記4枚の写真は飛騨市観光サイトHPからの転載です

かなり賑わうお祭りみたいですね

また9月には「きつね火まつり」という祭りがあって、町中の誰もがきつねの化粧をして町内を練り歩くんだとか・・・

1208250233 hidafurukawa.jpg 1208250234 hidafurukawa.jpg

※こちらも飛騨市観光サイトのHPより転載

きつねの嫁入り行列は新潟県の阿賀町が有名ですが、このお祭りは日本全国で行われ、その土地ならではの装束に化粧やお面を被って行われますが、ここ飛騨市古川町では町全体がきつねに化けるのだとか・・・今年は9月22日(第4土曜日)に開催です

転載させて貰うのだから宣伝もちゃんとしておかなければいけませんよね(笑)

まつり会館前には展示されていた「起し太鼓」があって、100円の初穂料を納めれば叩いていいみたい

1208250212 hidafurukawa.jpg

1208250213 hidafurukawa.jpg

願いを込めてドン!これでお祭りに参加した気分になれますね。でも決して太鼓の上には上がってはいけないみたいなので要注意。そんな奴はおらんか(笑)

1208250214 hidafurukawa.jpg

そして古川は古い町並みが見どころなのです

1208250215 hidafurukawa.jpg 1208250216 hidafurukawa.jpg

1208250217 hidafurukawa.jpg

1208250218 hidafurukawa.jpg

高山市の町並みと違うところはこの水路でしょうか

清らかな水が流れる水路には鯉が泳いでいます

1208250219 hidafurukawa.jpg 1208250220 hidafurukawa.jpg

中にはこんなような柵があって、各馬ゲートインならぬ各鯉ゲートインしているように感じまする

1208250221 hidafurukawa.jpg

1208250222 hidafurukawa.jpg

1208250223 hidafurukawa.jpg

1208250224 hidafurukawa.jpg 1208250225 hidafurukawa.jpg

どうです?良い風情が漂いますよね

1208250226 hidafurukawa.jpg

綺麗な町並みなのですが、かなり暑くパテ気味

うちの老夫婦も「何か冷たいものが食べたい・・・」と弱音を吐く始末

1208250227 hidafurukawa.jpg

こちらの味処古川さんにていただいちゃいましたよ。。。かき氷の宇治金時をね

1208250228 hidafurukawa.jpg 1208250229 hidafurukawa.jpg

トマトと胡瓜は別のお店の軒先で無人販売されていました(1つ50円とリーズナブルなお値段)

身体を冷やし車に戻りましたが、町並みをゆっくり巡ると2時間ちょっと掛けて巡らせていただきました

かなり良い町でしたので時間を忘れてしまいましたわ

さぁ、時刻は午後4時30分

そろそろ帰路へ着かなきゃならないのですが、来た道を戻って安房トンネルで松本に戻るか、それとも・・・

選んだルートは

1208250230 hidafurukawa.jpg

国道41号線を北へ向かい、富山を目指します

これで終わるなんて思っちゃいけませんよ~

目的地や経由地は思い付きな「わけんのお出掛け」なのですからね

神岡町を通りながら、やたらと看板にあった「スーパーカミオカンデ」が気になりましたが、観光地では無く研究施設とあって見学はNG。でも年に数回見学が可能なのだとか・・・

ニュートリノなる観測を通じて宇宙の起源や太陽の内部といった、目ではわからない。。。まぁ物理的な知識はまるっきり持ち合わせていない私なもんですから、興味がおありでしたらご検索願いまーす

1208250231 hidafurukawa.jpg 1208250232 hidafurukawa.jpg

飛騨古川から1時間半程で富山市内に入るのですが、、、当初は「鱒寿し」を買いたいが目的だったのですが・・・

つづく


nice!(18)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【岐阜】 新穂高ロープウェイ [中部]

【2012年8月25日】

夏ももうすぐ終わりってことで老夫婦を連れて長野・岐阜県境にある北アルプスへ向かいます

※滋賀に行ったお出掛けアーカイブは今回パスでございます

25日の土曜日、早朝の午前5時に自宅を出発、6時に中央道を西へ向かう

1208250101 hotaka.jpg

雨男なのに途中の八ヶ岳がよく見えましたわ

1208250102 hotaka.jpg

長野道に分岐して岡部インターを過ぎたトンネルの前に御柱が建っているの知っておられますか?

コンクリート製なのですが、これを見る度に御柱祭を思い出しますが、この御祭は7年に1度であるため、次回は平成28年なのであと4年ですね

松本インターで降りて国道156号線を西へ

途中、沢渡周辺は上高地へ訪れるお客さんで駐車場は満車

1208250103 hotaka.jpg

でも沢渡大橋を渡った辺りだけが満車で、その他はそうでもない。もう夏山シーズンも終わりなのでしょうかね

1208250104 hotaka.jpg

釜トンネル前にはいつものように警備員さんによって一般車を規制しています

有料の安房トンネルはETCが利用できるのですが、カードを手渡ししなきゃならないため料金徴収ゲートはいつも混み合っているんす。これならETC通過用の機器を設置すればいいのに・・・なんて思っちゃうのですが設備投資は高いからか今でも係員への手渡しか自動徴収機での精算(通常750円が土休日割引で400円也)

平湯温泉から国道471号線で栃尾温泉を通過し、最初の目的地『新穂高ロープウェイ』へ

1208250105 hotaka.jpg

駐車場代500円を支払ってロープウェイ駅に到着午前10時20分

さっきまで稜線がくっきりと見えていたのに雲が・・・雨男ならぬ雲男だったのかも!

こちらのロープウェイは2本を乗り継いで標高2156mへ労せず向えるのですが、ロープウェイを乗るまでが大変

1208250106 hotaka.jpg

こちらは2本目のロープウェイを待つ人の列

下界の気温が30度越えをしていた25日の土曜日は、ここ中継駅となる「しらかば平駅」で汗が・・・暑いっす

2本目のロープウェイは2階建てのゴンドラで、最初に2階部分の乗客をホームへ案内され、その次に1階部分の乗客となるのですが、私達のところで1階部分のゴンドラとなったため、数少ない椅子に座れてラッキー

北アルプス穂高の稜線とは逆の笠の岳稜線に雲がどんどんと掛かって行く。。。雨男が襲来してきたと気付いたらしい

1208250107 hotaka.jpg

上下お互いが通過する中間点で、下って行くゴンドラを狙って撮ったのですが、コンマ数秒早くシャッターを押し、ゴンドラが切れてしまいましたわ。。。悲しい

山頂西穂高口駅の5階部分にある屋上の展望台へ

1208250108 hotaka.jpg

訪れた観光客はため息を漏らしています、、、私のせいですm(_ _)m

1208250110 hotaka.jpg

1208250109 hotaka.jpg

晴れていればこちら側に槍ヶ岳が望めるのですが、完全に雲の中

記念写真を撮っておられるスタッフさんに尋ねると、30分前まではどちらの稜線も望めていたとの事

1208250112 hotaka.jpg

この写真を撮って4階の食堂でコロッケを食べていたら駅前は完全に雲の中

前回、こちらよりも標高が高い(2365m)大弛峠でも雲に入ってしまった私。どこか晴れ神社なる神に祈願しないと!

そう言えば東京の高円寺に気象神社があると聞いたことが・・・一度行ってみるかな

この日に訪れたのに北アルプスを望められなかった観光客の皆さま、雨男は晴れ男になるべく修行をして参ります

修行って?

はい。賽銭箱に通常よりも高い500円硬貨を入れようかと

修行ちゃうやん!

高山植物が観れる千石園地なる散策場所があったのですが、雲の中とあって歩く気持ちも失せ、山麓駅へ戻りましたとさ

1208250111 hotaka.jpg

2年前の夏に上高地と飛騨白川郷に訪れているため、次に向かう場所は・・・次回に続く

【観光案内】

新穂高ロープウェイは往復で1名2800円、年間を通じ営業なので冬山シーズンでも山頂駅へ行けまする

山頂駅の食堂はお母様軍団のスタッフさんが調理されています

山頂駅からは西穂山荘を経由し360度パノラマが望める西穂独標まで一般的に3時間、初心者でも4時間ちょっとで着けるそうです

【わけんの私見】

機械仕掛けで行ける高山地(登山しない観光)とすると、少しがっかりしてしまうかもしれませんね(あくまでも私の意見でございます)。今のところ木曽駒ケ岳の千畳敷に勝てる高山観光地が現れません


nice!(19)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行