So-net無料ブログ作成

【秋田】 角館 その弐 [東北]

【2012年7月14日】

7月14日からの3連休を利用し、東北へお出掛けした内容を記事にしています。よって写真や記事内容は当日のものと御理解下さいm(_ _)m

『角館歴史村・青柳家』 午後3時55分

間が開いてしまいましたが「角館その弐」として巡った武家屋敷を記事にいたしまーす

角館には市や所有者が公開する武家屋敷が7施設あり、その内の所有者が保有する武家屋敷2施設だけ(時間が時間なもので)紹介いたしまする。まず最初に紹介するのは「青柳家」から

1207140817 kaku aoyagike.jpg

入口となる薬医門の屋根は最近変えられたのでしょうか、杉の皮で作られているのでしょうか?どっしりと構えた門で主の格が決まるといいますが、ほんと長きに渡る歴史を持っている感じです

中に入ると右脇に受付があって、500円の入村料を支払って母屋から中に入り、建物内にある美術・工芸品や武具等を見て廻ります

1207140818 kaku aoyagike.jpg

1207140819 kaku aoyagike.jpg

上の写真の右にある蔵は武器蔵、展示されていた品々を写真に撮りましたがここで掲載するのはどうかなと思い、外観や部屋内、お庭をメインとさせていただきまーす

武器蔵を裏側からみるとこんかな感じです

1207140820 kaku aoyagike.jpg

青柳家の敷地は3000坪、母屋の他に蔵や古民家を利用した展示室に、飲食が可能な施設まである青柳家、パンフレットにも書いてある「角館歴史村・青柳家」を見て、そうか・・・ここは博物館的な施設なんだと入ってから認識いたしましたわ

そんなことはさておき、敷地内を巡っていきます

1207140821 kaku aoyagike.jpg

1207140822 kaku aoyagike.jpg

1207140823 kaku aoyagike.jpg

上の写真の蔵を使って「ハイカラ館」なる展示室と喫茶室を兼ねた建物の前には

1207140824 kaku aoyagike.jpg

黒い炭酸飲料メーカーの自動販売機みたいなのですが、外観を敷地内と融合させ、広告欄には家紋付きの「青柳家」が入っていて、思わず撮ってしまいましたわ

こちらの青柳家は庭を巡って母屋へ戻るルートが設定されていて、雨だと傘を差さないと廻れない構造、この日は雨が上がったので助かりましたわ

1207140825 kaku aoyagike.jpg

こちらは入口正面からみて右側の母屋で、建物内には入れませんが、200年以上歴史がある建物です

1207140826 kaku aoyagike.jpg

各展示室や敷地内をゆっくり廻ると45~60分は要するかもしれませんが、そこを短縮して30分弱で退散

『石黒家』 午後4時30分

青柳家から歩いて1~2分の場所に、いまでも住居として使用されている「石黒家」も観て参りました

1207140827 kaku isiguro.jpg

1207140828 kaku isiguro.jpg

入口を入って300円を支払って室内へ 

事前のお勉強で室内は撮影禁止という情報がありましたが、撮影は可能でありました。禁止しているのは動画撮影とのことでありましたわ

まずは靴を脱いで室内をガイドさんが約10分程度説明をしてくれます

1207140829 kaku isiguro.jpg

1207140830 kaku isiguro.jpg

欄間には亀の透かし彫りがあって、昔の人は影を使った遊び心を持っていたのでしょうね

1207140831 kaku isiguro.jpg

1207140832 kaku isiguro.jpg

えっと、、、わかりますか?

写真の撮り方がまずく、うまく撮れなかったのですが下の写真は透かし彫りの陰となりまする

説明を終え、先日(今年5月)放送されたNHKの番組(あえて番組名は書きませぬ)について質問してみたら、突然やって来てビックリしたんだとか、、、この後に御主人や奥様とも番組の話をして少しだけ歓談させていただきました

母屋の奥は蔵や炊事場は展示室として開放されています

1207140833 kaku isiguro.jpg

立派な蔵です

1207140834 kaku isiguro.jpg

1207140835 kaku isiguro.jpg

1207140836 kaku isiguro.jpg

お土産として観光用の複写版ですが角館町割図(1000円也)を購入

1207140840 kakunodate.jpg

広げるとA0判の大きさがあって、両面に角館の町割が記載されています。地図マニアでもあるわけんとしては買わない訳にもいかず、折り目無し(筒状)か折り目有り(封筒入り)を選べるのですが、本物の古地図じゃないので封筒入りを購入し、帰宅してからニマニマと不気味な笑みを浮かべて眺めているのだとか・・・怖い!

1207140837 kaku isiguro.jpg

こちらはお庭で、記事「角館その壱」でも掲載した大きな木は、石黒家の敷地内にあるモミの木で、樹齢は300年なんだとか

1207140839 kaku isiguro.jpg

1207140838 kaku isiguro.jpg

今回は時間の関係で2施設の武家屋敷しか観て廻れませんでしたが、1日滞在若しくは半日は滞在して角館の町並みを堪能したい・・・が感想でありました

角館はまた来たい。。。と感じる町でありました


nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 12

citron

こんにちは。
角館は5年前ぐらいに行きましたが素敵なところですね。
ゆっくり周ることができなかったのでリベンジしてみたいです。
お花の綺麗な時期もよさそうですね。角館の武家屋敷通りは
何ともいえない風情があって好きです。

by citron (2012-07-29 15:10) 

momoe

おー 自販機も空気読んでるのね。
鎌倉も似た感じです。
by momoe (2012-07-29 20:54) 

のりたま

こんばんは。
私は石黒家の欄間がひどく気に入りました。
光が差すと本当に綺麗でした。
by のりたま (2012-07-29 21:27) 

麻能

自販機が周囲に溶け込むように木目調に塗ってあるのを見て、那須高原を思い出しました。
那須高原も、奥の方へ行くと基準が厳しいらしく、カラフルな色は皆無になります。
セブンとかのコンビニも、オール茶色に塗られていて、景観を損なわないようになっています。
そういう配慮をすることで、近代的なものも入れていけるんですよね。
by 麻能 (2012-07-29 22:50) 

わけん

citoronさん
こんばんはデス
citoronさんも角館に訪れたんですね
こちらに来て戴く皆さんは私と同じく「また訪れたい」と仰られる方が多いのに驚きました
良い場所は良いの証なのでしょうね
どうですか?5年前と変わっていませんか?
by わけん (2012-07-30 01:43) 

わけん

momoeさん
こんばんはです
町並みや景観を壊している理由の1に自動販売機が挙げられているそうで、メーカーも苦慮しているのが伺えます
電線と電柱は特にですけどね
by わけん (2012-07-30 01:48) 

わけん

のりたまさん
こんばんはデス
石黒家の欄間、亀の透かし掘りは光に照らされ綺麗ですよね
こんな場所までこだわった昔の方々って尊敬しちゃいます
ただ作れば良いという時代に育った私達に足らないものなのでしょうね
by わけん (2012-07-30 01:53) 

わけん

麻能さん
そうですね、景観に配慮する時代がやってきているのでしょうね
京都も一部でコンビニやファーストフード店の看板が茶色になっていますね
商売する側からすれば厳しい処置なのでしょうが、景観を壊してまでもカラフルな看板を設置したら、逆にイメージダウンに繋がってしまいますもんね
by わけん (2012-07-30 01:59) 

夏炉冬扇

こんばんは。
いいですねぇ、こういうお家は。今日までの維持管理のご苦労にあたまが下がります。
by 夏炉冬扇 (2012-07-30 18:54) 

わけん

夏炉冬扇さん
こんばんはデス
そうなんです!所有者がおられる武家屋敷があるのは、現代まで維持されているのって、並大抵な事ではなかったと思われます
江戸時代や明治初期なら身分制度で、どうにか維持出来たでしょうが、現代は法人化しなければ遺産相続等でどこも無くなっていたのでは?
文化財指定となれば、これもまた大変!
歴史ある建造物を今でも維持されておられるのには脱帽ですね
by わけん (2012-07-30 19:20) 

青い鳥

角館、緑に包まれる頃も素敵なのですね。
武家屋敷、いつかNHKで放映されていましたが、雰囲気がありますね。
それが良く伝わって参ります。
by 青い鳥 (2012-08-01 00:36) 

わけん

青い鳥さん
おはようございマス
数多くは回れなかったのですが、法人化され歴史博物館の青柳家や現在も個人で所有し住居としても使用されている石黒家、どちらも良かったですよ
by わけん (2012-08-01 07:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。