So-net無料ブログ作成

ベトナム訪問記2 乗り物編1 [Vietnam]

わけんです。。。こんばんはデース

皆さまからの「おかえり、お疲れさま」のコメントを戴き、有り難く思っております

また、更新させていただきますので、今後とも宜しくお願い致します

さてさて、今回は『乗り物編』として、ベトナム・ホーチミンにおける公共交通についてお伝え致しまーす

ベトナムで乗り物として皆さんが連想するのは・・・ バイク です

viet2121.jpg

そうです! ベトナムでは バイク 、それも カブ がいっぱい走っている国なんです

知っておりました? 私は知っておりました(笑)

ベトナムはカブ天国なのです~

その情報源は私が大好きなテレビ番組(放送は終了しました)、水曜どうでしょうを崇拝する信者?藩士?なのでね

viet2122.jpg

この番組の最終回だった「原付ベトナム縦断1800キロ」で、首都のハノイからホーチミンまで、出演者がバイクで走り切ったドキュメントのような娯楽番組を観て、ベトナムはバイク。。。いや、カブだらけなんだと認識

番組は今から約10年前の放送なのですが、観た時(もちろん再放送)は、ベトナムってバイクだらけな国と知り、行ってみたい国の1つになっていたんですが、まさか仕事で行くとは思ってもみなかったんですわ

そんなバイクについては、また次回でお伝えするとして(先延ばし?)、まずはホーチミン市内の公共交通からお伝えしますね

まず最初はバス

Viet2101.jpg

こちらはいまだ利用するチャレンジをしていないのですが「土地勘があって、ベトナム語を話すか、文字が読めないと乗れないよ」とベトナムスタッフは言っていましたが、バスの前面に書かれている路線番号を確認すれば乗れるかもしれません。

Viet2102.jpg

ホーチミン市ではバス会社が数社あるらしいのですが、詳細は不明。カラーリングによって会社が違うと聞きましたが、どのバスも路線番号別で共同運行しているんだとか

料金は4000~5000VND(ベトナム・ドン)=20~25円で、路線の距離によって金額が設定されているそうですが、毎年乗車料金が上がっているとの事で、これはあくまでも目安として思ってください

因みに1VND=0.0045円が2013年3月の為替レートですが、1VND=0.0048円(2013年3月出張時にホテルで両替をしたレート)ですので、1VND=0.005円で計算しとけば無難です(2012年10月出張時は1VND=0.0038円でしたので、円安の影響がモロに出ています)。

バスの乗り方は乗車時に車掌に目的地を告げ、料金を告げられ支払うんだそうです。

降りる場合は「降ります」とベトナム語で伝え、次のバス停で停めてくれるんだとか・・・だもんで、土地勘と言葉が話せないと乗るのは難しいみたい、、、

一応、ホーチミン市内のバス路線図をアップされている現地サイト(日本語)は以下のとおり、、、ご興味がおありでしたらどうぞ

http://www.poste-vn.com/bus.html

そしてお次は移動で一番楽な タクシー

Viet2103.jpg

外国人となる日本人なら、一番気軽に乗れるのがタクシーとなります

しかし!『タクシーでも危ないタクシーがあるので、乗る際は十分な注意が必要ですよ』と現地の日本人スタッフから、教えて貰い、初回はタクシーのカラーリングや、ボディに記載されている電話番号を必ず確認して乗るようにと指導されました。

この教えもあって、私は被害に遭いませんでしたが、とんでもないタクシーに乗ると10倍以上の料金を請求されるんだそうです。そこでタクシーについては詳しくお教えいたしますね

ホーチミン市では下の2社を選ぶように!

viet2118.jpg viet2117.jpg

優良なタクシーは左のVINASUN(ビナサン)か、右のMAILINH(マイリン)の2社。マイリンは白とグリーンのツートンと、グリーン一色の2種類がありまして、VINASUNは38.27.27.27、MAILINHは38.38.38.38と電話番号が大きく書かれていますので、乗る前に確認します

このカラーリングを覚えて道路で手を挙げて止めるか、レストランや大きな施設ではタクシー会社の係員が配置されているので「タクシー」と告げればオッケー

viet2120.jpg

乗ったならば行先を告げるのですが、運転手の殆どは英語が全く通じないため、ベトナム語で告げなければなりません。ベトナム語のハンドブックを持っていても、記載してあるベトナム語をカタカナで告げても発音が通じません

それはベトナム語の本のほとんどが、北部の標準語をカタカナで書いてあるためなのです

南部は発音からして違いがあり、ベトナムで女性が正装として着るAo dai「アオザイ」は北部の発音。南部では「アオヤイ」となってしまいます。まぁ発音はハノイが東京で、ホーチミンは大阪と思えばいいかもしれませんね

何度も出張して学んだことは、メモに行先を書いておいて運転手に見せるのが一番良い方法ですよ

また、ベトナムは番地が無く(都市部はあります)、全て「通り名」を告げるしかありません。また大きな施設名を告げれば、なんとか行ってくれます

タクシーに乗って行先を告げたら、メーターが回っているかを確認!

Viet2104.jpg

メーターは初乗りで10000~14000VND(50~70円)からスタートし、距離によって金額が上がっていきます。写真の『34.6』とは、34600VNDの意味で、1000VND以下は0.1として表示され、降車時は切り上げして支払うので、写真の場合では35,000VND(175円)を支払います

市内から空港まで向かった際の支払いでは、空港利用料として15000VNDを上乗せして支払えばOK。市内(いつもレタントン通りから乗車)から空港であれば約20~30分で、だいたい100000VND位(500円)です

優良の2社であっても言葉が通じなかったり、土地勘が無い者には遠回りをしようとしますが、多少の遠回りをされたとしても10000VND(50円)程度ですから、目くじらを立てず支払っておきましょう

土地勘がつけば、ディータン(真っすぐ)、ベンチャーイ(左)、ベンハーイ(右)と運転手に告げればOK。でもホーチミン中心部は一方通行が多いので、直線で行けない場合もありますから、地図を駆使し、交差点毎にある「通り名」を確認し、目的地へ行きましょう

VINASUN(ビナサン)TAXIならば、このような紙を手渡されます

viet2119.jpg

左の紙はタクシー会社の係員から渡されます

表にはタクシーナンバー、月日、乗車場所が書かれていて、裏には注意文が書いてあります

ここで面白いのは、記載の言葉はベトナム語、英語、韓国語、そして日本語!

わかります?

あの大国である中国語は無いんです。日本だと英語と韓国語と中国語そして日本語の4カ国語が当り前

それはベトナムは中国が一番嫌いな国だからだそうですわ

そして降車時に「レシート」と英語で告げると白紙で手渡されますが、書く真似をすれば嫌な顔をして、どうにか書いてくれます。これは内緒ですがチップを手渡せば、チップ込みで書いて(喜んで)くれますよ

中にはカタコト英語が話せる運転手もおりますが、私が数え切れない回数を乗って1人か2人程度。。。これが現実です。

空港に着いてタクシーを乗るならば、両替所と併設したタクシー手配所でお願いするのがポピュラーですが、これがまた高い!だいだい15~20ドル位(3~4倍)は取られます。慣れれば2階の出発ロビーへ上がり、出て右方向へ進めばVINASUN TAXIの専用乗り場がありますので、エレベーターを利用して行ってみてくださいな

どんなに近くてもベトナムの方々は、タクシーを利用するそうです。日本では考えられない短い距離でも乗れますので利用してみてくださいませ。まぁ舌打ちされるのは了承済みでね(笑)

それと、流しのタクシーをつかまえる時は、向って来る車を眺めていれば、タクシーからパチパチとライトで合図されますので、その時に手を挙げれば止まってくれますよ。乗車中ならば運転手が手を振って来ます。日本だと赤い「空車」文字で認識できますが、そんなものは付いていません

それとドアは手で開けるのは日本以外の世界共通でありまーす

それと、、、運転手の顔写真をジッと見ていると、写真と運転手の顔が一致しないのに気付きますが、これは登録されている運転手の家族か友人が、登録者の休みの日や時間帯でアルバイトをしているからなんだそうです

夜なんかは特に違う顔が・・・そんなのに限って、途中で運転手が迷子になったり、交差点やロータリーのど真ん中でエンストをおこします(笑)

道に迷えば迷うほど、運転手はテンパって来ますので、怒らずにスマホの地図ソフトを使って、客が案内するのがグッドアイデアでございますよ~

今回はここまでとし、次は一番お伝えしたい バイク を書きますのでお楽しみに


nice!(14)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 14

コメント 6

青い鳥

何度かのご出張ですっかりベトナム通におなりですね。
バスの乗り方、タクシーの乗り方・・・興味深く読ませて頂きました。
ありがとうございます。
by 青い鳥 (2013-03-27 19:21) 

夏炉冬扇

お早うございます。
今朝の新聞でベトナムきコーヒー大国なのも知りました。
by 夏炉冬扇 (2013-03-28 07:50) 

kuwachan

こんにちは。
バイクの数が多くて怖そうです^^
ベトナムはフランスの植民地だったのでフランスっぽいところも
あると聞いていますが、その辺はいかがだったでしょうか?

by kuwachan (2013-03-28 12:44) 

わけん

青い鳥さん

観光していないので撮った写真が少なく、伝えることがないなぁと考えていたら、
いつも足として使うタクシーがあったと気付き、書いてみました。
いつか誰かがホーチミンに訪れた際のお勉強として^^
by わけん (2013-03-28 22:34) 

わけん

夏炉冬扇さん

こんばんはです。
ベトナムはブラジルに次いで2位の生産量となっています。
またベトナムのコーヒーが美味しいんですよ~
by わけん (2013-03-28 22:37) 

わけん

kuwachanさん

こんばんはデス
フランス建築の遺産が残っていると思われるのですが、ホーチミンでは少ない
かもしれませんね。
古い建築物は単独で残っている位だそうで、北部のハノイへ行くとまだある
とか、、、今度確認しておきますね。
by わけん (2013-03-28 22:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。