So-net無料ブログ作成

【岐阜 下呂】 禅昌寺 [岐阜]

【2013年5月4日】

かなり間があいておりましたが、前回からの岐阜県飛騨地方の旅を続けさせていただきます。

高山から下呂へ国道41号を南下して気付いたのですが、似たような地名が幾つもあるんですわ。
それは「上呂、中呂、下呂」と言う地名。
下呂は下呂温泉として全国に名が通っていますが、「下」だけではなく「上中下」がセットあるって知っていました?
飛騨川(益田川)の上流から「上呂(Jouro)」「中呂(Cyuro)」「下呂(Gero)」となっているんですわ。
下呂は本来「下留(Shimotutomari)」と呼ばれていたのですが、飛騨は米の収穫量が少なかったことから「下々の国(Gege no kuni」と呼ばれ、そこから下留を「Geru」と音読みに変化させ、後に「Gero」に落着いたと言われています。
でも漢字で書くと「下留」に変わりはなく、それが何故「下呂」となったのかと言うと、先程も書きましたが下呂は温泉で名が知られていますよね。
温泉は「風呂」ですが、なんとその温泉の風呂の「呂」が「留」のあて字に変わり、下留が下呂となってしまったそうです。下呂だけではおさまらず、結局「上中下」はそのままで、全ての「留」が「呂」の字に変わったんだそうですわ。
何年ごろに名が変わったかというと、これは定かではありませんが江戸時代初期は「下留」だったそうで、江戸時代後期には「下呂」に変わり、明治に入って市町村名が付いた時には「下呂村」となり、1930年(昭和5年)になって国鉄高山本線が下呂まで延伸開業し、温泉地として脚光を浴びて「下呂」という地名が全国へ広がったんだそうです。

そうなると若い時に「宜しく」を「4649」と書いたり、「四露死苦」なんて書き替えて遊んだりしたけれど、これってとんでもない遊びで、普段使い慣れちゃうと「宜しく」は「四露死苦」に漢字が変わってしまうってことなんですよね?
勝手に作った造語が独り歩きして地名をも変えてしまう。。。最近では漢字から平仮名に変えてしまう自治体があるけれど、本当にそれでいいの?なんて考えしまう私は、、、、考え過ぎなのかな。


今回はかなり前置きが長くなってしまいましたが、5月4日の超お出掛けレポートは今回が最終回。
行先不明のまま下呂市に入り、地図でも大きく記載されていた「禅昌寺」に立ち寄ってみました。

0401W 130504 zunsyouji.jpg

12:00 龍澤山 禅昌寺 (Ryoutakuzan Zensyoji : Zensyoji Temple)

今回は自宅にある愛読書?「るるぶ」を持参せずに岐阜へ入ってしまったため、どこがお薦めなのか全くわからず、地図に示される大きな文字の寺を目指し、12:00ちょうどに到着。

0402W 130504 zunsyoji.jpg

入る前からしてかなりよさげな寺じゃないかと自己満足。
しかし同乗している老夫婦には全く気付く気配無し(笑)

こちらが山門。鐘楼が改修中でありましたわ。

禅昌寺はもともと「大雄山圓通寺」として1530年頃に創建され、1650年頃に禅昌寺と名を変えたそうな。
また、1550年(室町時代)頃には「天下十刹」にもなった格式の高い寺院なんだそうで、下呂では有名な寺院として訪れる方も多いんだそうです。
※下呂市のHPでは「名刹」とも紹介されています。

上に書いた「天下十刹(てんかじゅっさつ)」が気になって調べてみたんですが、結論から申しますと室町時代に格式の高い寺院を10寺が選ばれていたんだそうですわ。
年によって変動もあり、歌謡曲のベストテンみたいな寺院の格式順だったんですね。
現在では「十刹」として京都十刹や、関東十刹として呼ばれているみたいです。

拝観料300円を支払って中に入ってみます。

0404S 130504 zensyoji.jpg 0405S 130504 zensyoji.jpg
0406S 130504 zensyoji.jpg 0407S 130504 zensyoji.jpg
0408S 130504 zensyoji.jpg 0409S 130504 zensyoji.jpg

境内には金森宗和(戦国武将の金森可重氏の長男で、名を「重近」と言い、徳川氏を批判したことから廃嫡させられ京都大徳寺で僧となった人物)造園の名勝指定庭園「萬歳洞(ばんざいどう)」や、雪舟筆大達磨像(別名「八方にらみの達磨」)が所蔵されいます。

また、境内裏には樹齢1200年の大杉が圧巻!

0411S 130504 zensyoji.jpg 0410S 130504 zensyoji.jpg

国の天然記念物にも指定され、幹回りは約10m。
こちらの大杉の木に近付くためには拝観料を払わないと近付けないのですが、全体を観るためには外からじゃないと全貌は観えないんです。

0412W 130504 zensyoji.jpg

拝観を済ませ駐車場を挟んだ先に茶屋があったので暫しの休憩。

0413S 130504 zensyoji.jpg 0414S 130504 zensyoji.jpg

飛騨地方や北陸地方では有名な寿しなんだそうで、富山の鱒ずしもお仲間なのかな。
奈良の柿の葉寿しにも似ていますね。

お茶をいただいていたら踏切の音が聞こえてきたので線路に近付くと。。。

0415W 130504 zensyoji.jpg

特急「ひだ」が軽快なディーゼル音を響かせながら通過して行きました。
これで「撮り鉄」の仲間入り?

勘で立ち寄った禅昌寺は、、、かなりグッドでしたよ~



[情報]

龍澤山 禅昌寺
岐阜県下呂市萩原町中呂1089
駐車場は50台程度。駐車場は自由。
拝観料 大人300円、中学生以下無料。
拝観時間 8:30~16:30(冬季11月~3月は16:00)
タグ:下呂市 名刹
nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 15

コメント 6

kuwachan

ヘェ〜、上と中もあるんですね。モチロン知りませんでしたf^_^;)
飛騨地方一度は行かなければ。今のところ新穂高のロープウェイ止りです(笑)
by kuwachan (2013-09-12 09:50) 

青い鳥

お久しぶりです。
RSSを見て飛んで参りました。
禅昌寺、素晴らしいお寺ですね。機会があったら尋ねたいところです。
笹ずしも柿の葉寿司も、桜餅や柏餅も、
自然の素材を上手く利用して作ったものだと感心させられます。

by 青い鳥 (2013-09-12 10:09) 

わけん

kuwachanさん

こんばんはデス
私も今回はじめて知ったんですよ~上呂、中呂、、、そして下呂。
国道を走っていて信号や地名の看板を観て、驚いちゃいましたわ。
飛騨は私も高山と古川だけなんで、今度は時間を掛けて行ってみたいです。
by わけん (2013-09-12 22:36) 

わけん

青い鳥さん

こんばんはデス
ありがとうございます。。。青い鳥さんもパワフルにお出掛けされているんだなぁ
と記事を読ませていただきました。
そうなんですよね。
自然で素朴な食べ物は、かなり美味しいですよね。
私は賞味期限が当日か翌日のを見掛けると、ついつい購入してしまうんです。
長期保管可能な食べ物よりも断然美味しいです^^

禅昌寺、急に訪れたのですが、かなり良かったですよ。
by わけん (2013-09-12 22:40) 

夏炉冬扇

今晩は。
立派なお寺。
これは維持するのがタイへンだ。
by 夏炉冬扇 (2013-09-13 17:34) 

わけん

夏炉冬扇さん

こんにちはデス
良い神社仏閣は本当に維持するのが大変だと感じますね。
by わけん (2013-09-21 14:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。