So-net無料ブログ作成

山陰・山陽の旅 12 足立美術館 [山陰・山陽]

【2014年4月27日(日)】 15:45 山陰・山陽の旅 12

足立美術館(あだちびじゅつかん)

ここはかなり前から耳にし、いつか行ってみたいと思っていたんです

1404270901.jpg

今では有名な観光地となってしまいましたが、私が知ったのは10数年前。海外で評価されている日本庭園として週刊誌か新聞か忘れてしまいましたが、小さな記事に乗っていた庭園の写真が印象的。また、記事には「入館料が高い」と書いてあったのも興味をそそる内容で、いつか行ってみたいと願い、10数年も経ってしまいましたわ

こちらの足立美術館は庭園を観に来られる方が多いそうですが、横山大観コレクションも凄いんですよ

2,300円の入館料を支払って、いざ館内へ

入館料はちょっと高めではありますが、世界一の庭園と美術品を鑑賞。写真撮影はもちろん庭園のみですのであしからず

訪れたのは16時ちょっと前。閉館が17時30分だからかお客さんが少なく、観る側にとっては好条件!

庭園は柵越しかガラス窓越しとなりますが、とても手入れが行き届いていて素晴らしい

1404270902.jpg

そして庭園だけでなく周囲の山々を借景として見せる設計が素晴らしい

1404270903.jpg

庭園を眺めながら喫茶も出来るらしい・・・

1404270905s.jpg 1404270904s.jpg

ひぇーーー、、、珈琲は1,000円かぁ

窓際のテーブルが空いていたので、珈琲を飲みながら庭園を堪能

素人カメラマンだと素晴らしさが伝わらないかも

1404270906t.jpg 1404270907t.jpg

1404270908.jpg

1404270909.jpg

鶴亀の滝が遠近感を狂わせているような・・・

1404270910.jpg

1404270911s.jpg 1404270912s.jpg

銅像は足立美術館を創設した足立全康氏

「遠方からこの庭園と大観を楽しみに訪れる方がいるのだから決して休館させてはいけない」という全康氏の遺言で、こちらの美術館は年末年始も含め休館日は設定されていないんだそうです。また、横山大観の作品が見つかったら借金をしてでも購入せよとも遺されているそうな。。。恐ろしい遺言ですなぁ

そして

庭園をも美術品としているのがこちら

1404270913.jpg

1404270914.jpg

ガラス越しなので反射が出そうな気がしますが、通路の照明を暗くしているため庭が映えるんですね

1404270915.jpg

ちょっと引いた位置から撮るとこんな感じ

撮影する場所によって変わるんですね

閉館時間近くまでたっぷり観賞し、地下通路を通って出口側にある新館へ

本館で時間を費やしてしまい、こちらはサッと流すのみとなってしまいました

1404270916s.jpg 1404270917s.jpg

新館側に大きな駐車場があり、土産店もありました

美術館の入館料として一番高いのは徳島県の大塚国際美術館だそうですが、こちらも負けてはおりませんね。でも入館料が高いとは思われない率は5割を超えているのでは?

まだ訪れていない方は是非行って庭園と横山大観をご堪能あれ

データ  足立美術館  島根県安来市古川町320  入館料:2,300円  開館時間 9:00~17:30 (夏季)

      駐車場:無料  観賞には最低でも1時間半は見込んだ方が宜しいかも

時刻は17:10を回り、今夜のお宿がある鳥取県の三朝温泉へ

1404270918.jpg

今夜は温泉で運転疲れを癒しましたとさ


nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 27

コメント 2

kuwachan

ここは私も行きました^ ^
チリひとつ落ちていない見事な庭園ですよね!
by kuwachan (2016-02-25 21:20) 

わけん

kuwachanさん
やはり行かれておりましたか^^
この地へ来られたならば絶対立寄られますよね
by わけん (2016-02-27 20:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。