So-net無料ブログ作成

四国の旅 2 - 1 【脇町】 [四国]

【2016年5月14日(土)】  四国の旅 2-1

07:00 徳島駅前

0514 1201.jpg

昨夜はホテルのレストランで食事をと思っていたのですが、週末金曜日の夜とあって満席。
致し方なく駅前をブラブラし居酒屋での食事となってしまいましたが、ちょいと晩酌をしながら味わいましたとさ

22時には床に入り、5時に起床。最近目が覚めるのが早くなって来ているような・・・
6時30分の開店と共に朝食を食べ、2泊3日(車中泊入れて3泊4日)の旅も今日が最終日。
3日間を通じて天気に恵まれたのは助かりました

0514 1202.jpg

あの山は、、、眉山(びざん)。徳島の街が一望らしいのです

今回よりタイトルは「四国の旅 2」。ん?  2 ?
四国の旅ルポは初なのですが、まだお伝えしていないルポがございまして、順番がおかしくなるのですが、四国の旅 2 をお楽しみください

0514 1203.jpg

徳島インターから徳島自動車道を西に向かい脇町へ

09:00 [脇町] (わきまち)

2005年の平成大合併で脇町より美馬市と変わっています

脇町と云えば「うだつの街並み」で名が知れている

0514 1204.jpg

0514 1205.jpg

日本の道100選、重要伝統的建造物群保存地区、美しい日本の歴史的風土100選に指定、選ばれている。
日本の道や重要伝統的建造物群は耳にしていたが、美しい日本の・・・は初耳。
調べてみたら財団法人古都保存財団なる法人が2007年に公募で選ばれたそうな

日本の道は1986年に国土交通省(当時は建設省)が選定、重伝建は2015年に文部科学省が選定

重伝建と歴史的風土の違いを調べてみると、ほぼ同じような場所が選ばれている。
どっちが上か下かはわかりませんが、色んな団体等が存在するのはどうかと思うんですがどうなんでしょう?

因みに

日本の・・・100選というカテゴリーを調べてみると、かなりあるんですね
名湯百選、名水百選、日本百名山、日本の歌百選、日本100名城は名が知られている。
変わり種では日本の棚田100選、日本の夕陽百選、日本の渚百選、日本の秘境100選、ため池100選、
日本さくら名所100選、かおり風景100選、日本の夜景100選、森林浴の森100選、水源の森100選。。。
まぁ、はっきり言って何でも100以上選べば日本の〇〇100選となるみたい

中でも気になったのは

私の旅100選。
文化庁が2005年に公募によって旅そのものがのが選ばれている。
面白いのは選ばれた100選はそれぞれ旅のテーマがあり、旅行日数、旅のコースとかなり興味が涌くんです。
書籍にもなっているみたいなので、今度購入してみようかな・・・

0514 1206.jpg

0514 1207.jpg

 「うだつが上がらない」とは、私の事です。。。多分(笑)

0514 1208.jpg

0514 1209.jpg

0514 1210.jpg

0514 1211.jpg

0514 1224.jpg

0514 1212.jpg

脇町は藍商人の町として発展。
1792年創業の藍商家、吉田家住宅を見学出来るみたいなのですが、係の方は準備中とあって誰もおられず、入ることが出来なかった。。。残念

脇町を訪れたのはこの街並みと、古い劇場を観るためにやって来たんです

0514 1227.jpg

渥美清さんが亡くなられ追悼を込めて上映された「虹をつかむ男」の舞台となったのがオデオン座

男はつらいよ49作で共演する予定だった西田敏行さん、マドンナ役の田中裕子さんが出演し、
寅さん一家も揃って顔を出し、寅さんへの追悼映画でありました。
毎回観に行っていた「男はつらいよ」が突然終了し、この「虹をつかむ男」を最後に年末に映画館へ行くという決まりは消えてしまいました

エンディングであの曲と寅さんが出てくるシーンで目頭が熱くなったのを今でも思い出します

0514 1213.jpg

脇町劇場 オデオン座

現在のオデオン座は映画館としての営業はしておりませんが、脇町劇場として見学でき、時にはイベントに使われているようです。
下の写真は大衆演劇一座のポスターです

0514 1223.jpg

脇町を堪能し、次の目的地へと向かう途中、吉野川が見渡せる場所があったので車を停めて写真をパシャリ

0514 1214.jpg

何気なく眺め、あっ!

同乗していた老夫婦は何事かと私を見るが、そんな事はお構いなしに車を走らせる

0514 1215.jpg

高知県の四万十川じゃなければ観れないと思っていた

沈下橋 (ちんかばし)

もちろん渡ってみましたよ~

0514 1216.jpg

橋の柵が無いのが面白い
因みにこの橋の名は「脇町潜水橋」。れっきとした県道でもあるんです!
毎日利用されている方は厄介な橋と思うのでしょうが、観光で訪れた者にとっては最高の橋と言えます

脇町(うだつの町並み) : 駐車場 道の駅藍ランドうだつ 無料で30~40台駐車できます

脇町劇場 オデオン座 : 美馬市脇町大字猪尻西分140-1 入館料:200円

沈下橋 (正式には脇町橋[わきまちばし]) : 県道199号 脇三谷線


nice!(38)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 38

コメント 4

kuwachan

ボンカレーが効いていますね(^_-)-☆
沈下橋、柵がないのでこわー。絶対にすれ違いはできませんよね。
by kuwachan (2016-07-01 00:38) 

yamatonosuke

映画のワンシーンのような、
すべてが雰囲気のある街並みですね^_^
by yamatonosuke (2016-07-01 01:21) 

わけん

kuwachanさん
ボンカレーの看板、、、スパイス効いてます^^
沈下橋は四国でかなりポピュラーらしいです。
(全ての橋ではありませんけどね)
by わけん (2016-07-04 21:55) 

わけん

yamatonosukeさん
コメントありがとうございます。
こんな町並みが好きで、旅をする度に近くに古い町並みが無いか下調べし、
訪れています。
ノスタルジック好きなのかもしれません
by わけん (2016-07-04 21:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。